今年度締めくくりー「好き!」の理由掘り下げて来年度を迎えてみることにした!

 

「3食のご飯より好きなんだよねぇ。」と言いながら続けているウエブとグラフィックデザインの仕事。
自分でもなんで好きなのか、なんで楽しいのかあまり掘り下げたこともなかったな。
今日は、2019年度の最後の日。自分を見つめ直して新たな年度を迎えたい。そして、来年このブログを笑って見返すために書こうと思いました。

前回のお仕事、実はちょっと壁に当たった。
以前なら、その時点で気持ちが大破するほどのことであったと思うけど、今回はみぞおちにパンチを食らったあとに痛みをこらえながら波をやり過ごす感覚に似ていた。少し状況を見渡す気持ちの余裕ができたということなのでしょうか(苦笑)胃は痛くなったけど涙するほど取り乱すこともなく結構冷静に受け止められていた。やめたいとは思わなかったけど、「私、なんで続けているんだっけ?」とふと心によぎり、自分で驚きました。
いつも読まないような本を読んでみたり、いつもと違うことをしながら気を紛らわせたりごまかしたりしてやりすごしていたけれど、きっと今向き合った方がいいことなんだろうなと感じ始め、自分の仕事に対する気持ちの再確認をしようと思いました。

私、そもそもこの仕事は嫌いじゃないし、ほんと面白い!でも、私はこのお仕事のどんなことが好きなんだ?

列挙して文字にすると見えてくるかも。

好きな理由その1ーデザインそのものが好き

もう、本能的に物を作り出すことは大好きです。妄想も大好き!
でも…、「デザインが好き」ったって色々ありますね。

コンセプトを考えながら、お客さんのイメージや目的にどこまで近づけるだろうかなどと考えながらレイアウトやデザインのポイントを考えたりすると脳が一気に喜びます。
ユーモアや遊び心を加えることを妄想するのも楽しい(遊び過ぎないように意識的に自分をコントロールしてます(笑)。
色やフォント、雰囲気などをイメージするのも大好きで、私のこだわりどころです。

デザインは見た目だけでなく、お客様のサービスや商品の周知や販売のお手伝いをするものなので、中身も大事。価値を伝えるための工夫って重要だなあって思います。
そんなこんな全部ひっくるめて「見やすく」、「読みやすく」、「理解しやすく」デザインに落とし込んでいく一連の工程を学びながら実践していくことが愉しめているところからすると、自分の性格に合っているんでしょうね。

お仕事をさせていただいている先方様のサービスや商品の関係で女性受けのするデザインをすることが多いですが、得意不得意はあえて宣言せず幅広く柔軟に対応していきたいです。

好きな理由その2ーお客様との対話がとっても楽しい-楽しい会話を通してヒアリング!

このお仕事って、いろんな分野の職種や業種の方と出会えるので、実に様々な話が聞けて興味深いんです。ここがまた興味深くなにものにも変えがたい経験ですね。
今まで知らなかったことや商品の裏話。ご依頼主ご自身のことなどお話をしていくうちに自分では経験したことのないあれやこれが聞けて、自分の世界がどんどん広がって行きます。
お客様の紹介などをいろんな媒体を通してさせていただくときなどは、さらに自分でも調べたりもするのでちょっとした雑学も身についてきます。

以前は通り一遍のヒアリングシートに頼っていた頃もありました。それだけとなると取り組んでいるものの真のイメージがつかないんですよね。デザインをとなると立ち往生することが多く、ヒアリングシートが逆に仇になってしまうことが多々ありました。そんなこともあってヒアリングシートに頼ることはすっぱり諦めて、打ち合わせと称する会話の中から情報収拾する方法に変えました。こんな時に以前の看護師の職業で身につけた問診が役に立ったりしています。何気ない会話からも拾い集められる情報の方がヒアリングシートから得られる情報よりもはるかに貴重で量も多いです。

ときには自分で納得して作成したいので、お客様の商品などをお取り寄せさせていただき食べたり試したり(図々しいかな?)ここまですると、自分も一消費者として商品に惚れ込んで作ることもできるし、説得材料が増える!そして製作者としてのしっくりしたポジションにおさまり落ち着いて心地よく考えられます。
お時間はじっくりいただいていますが、お客さんと一緒に考えながら納得のポイントに至った時は山に登りきった感じがして「やった〜!」って思いますね。この瞬間もいいですね!

好きな理由そのー新しく知ったことが即実践できる分野

技術も知識も即実践に投入して使えるし、目に見えた効果がわかりやすい。
自分の上達度もこれから何が必要なのか目標設定もしやすいです。
上達すれば楽しいし、効果が出るとなお嬉しい。
効果が出ないとき、色々調べて分析していくのですが、この分析も実は好き。地道だけど
視覚優位な私には可視化しやすいこの分野が合っていると感じています。

好きな理由そのー勉強が楽しい!

私は結構な知りたがり屋。わからないことがあると落ち着かない。自分で足りないと思うところがあるととことん調べる癖があります。周りに失笑されるくらいこだわったりしてしまうことも多々(苦笑)。。
「少しでもクオリティあげたいな。」
「少しでも自分らしく表現できるようになりたいな。」
「これがわかるともっとお客さんの要求にピントを合わせてご提案できるかな。」
と思うことが多々あります。
そういう目標ができると、「これも知っておいたほうがいいな、あれも知っておいたほうがいいな」となるわけです。
私、基本学ぶことが楽しいタイプなので、日々楽しみながらあの本この本、あのサイトこのサイトと読み漁っています。
でも、経験上、欲張りすぎないことも長続きの秘訣。欲張りすぎてあっぷあっぷになって壊れてしまうのは本末転倒。シンプルにポイント絞ってやることも心がけてます。
私の場合は、「やりたいこと」-(マイナス)1
がちょうどいい感じです。

上を見るとキリがないデザインの世界。背伸びしすぎて転んで再起できなくなるよりは、自分のデザインを磨く努力は惜しまないけれども自分のスタイルに合った方法、ワークライフバランスの心地よい方法を探りながらマイペースに5年後も10年後も楽しく続けられる方法をいつも探っています。

好きを助けてくれる人がいるから

家族が応援してくれていると安心して続けられ、頑張れます。
一番最初のブログにも書いたように、私はあさっての方向からこの世界に入った人間なので、パソコン音痴もいいところでした。今でもそんなところとてもあるのですが…。
そんな私がここまで続けられてこれたのは、家族が全力で応援してくれるからです。
そして、パソコンにめちゃくちゃ強い夫のITサポートがなければここまで来れなかったはず。
イラストレーターもフォトショップもその他いろんなソフトや言語を知っている夫が根気強く付き合ってくれることもあり。時々便利なエクステンションを作ってくれたり。効率化に寄与してくれています。それだけでなく忙しい時や落ち込んでいるときは家事やらなんやら色々手伝ってもらい頭が上がりません。
今は、こんな感じで平和にやっていますが、以前はなんとも殺伐としていた頃もありました。
同い年なので、ライバルみたいなところもあり言い争いが絶えない時期もありました。この仕事を始める前は共通点もなく、折り合いがつかず寒い風が吹き荒れることも多々でした。が、今は、デザインを通して共通言語が増え、迷ったり困った時は楽しく妄想会議なぞしながら和やかに終わることが多くなりました。
きっと、信じてもらえてなかったらここまではサポートしてもらえなかっただろうなあ。としみじみ…。
子供達も「頑張れ〜お母さん。」と肩もみしてくれにきたり、キリの良いところまでやってほしいこと何日も待ってくれたり(読み聞かせとか、遊びを…)。
ここまで自由奔放な私をサポートしてくれた家族に応えたいですね。

まだまだ、「好き」「楽しい」「ワクワク」「新鮮」「成長」が列挙できているので大丈夫そうです。

皆さんも壁にぶちあったった時に「好き」見つけ直してみませんか?

2019年度私の拙いブログを読みに来ていただきありがとうございました。
新年度もよろしくお願いします。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です