2019/08/16

創業に向けて-女性が創業の前に知っておくと役立つこと

 

楽しくて好きで続けてきたデザインの仕事。本格的になってきて、ちゃんとしたビジネスとしてやっていこうかなと思いたってこの1年あまり、色々と模索。

コワーキングプレイスに行ったり、有志のグループに所属したりしたけれども、子供の生活がなかなか安定せず家を空けることが難しく、家の外での活動をこなすことにハードルの高さを感じ始めた。自分の生活スタイルにあった働き方ってなんだろう。続けたい仕事を自分の生活に合った方法で続けていきたい。それが自分のため、家族のため、お客さんのためにも重要だなと感じるようになりました。目の前のできることをコツコツこなしながらステップアップもしていきたい。そして、それは背伸びしすぎず現実にあった方法で。

色々模索していたら、信州スタートアップ講座というものに出くわしました。

商工会で女性のための創業講座をやっていた。商工会。興味のある場所です。こんな時でもないと様子を見に行けないなという思いも重なり、時期的にも必要な勉強会なので、思い切って市のシッターさんに家まで来てもらい子供を託して参加してきました。私みたいな生活をしていると、そう簡単にはこういうセミナーに参加はできない。なのでこういう日のためにシッターさん制度は本当にありがたい。世界が広がります。

で、この講座全2回講座。先日、1回目の講座に出席してきました。

自分の本当にやりたいことを知る

創業するにあたって、なぜ自分がそれをしたいのか。本当にしたいことは何なのかを掘り下げることが目的の講座です。

これをきちんとわかっていて軸がしっかりしている人は起業してもブレずに長くやっていける。とのこと。だから、あえて創業プランなどの勉強ではなく、その前段階の「自分を知る」というところから掘り下げたものでした。

Lego Serious Play

ユニークだったのは、「 Lego Serious Play」という方法で自分のことや価値観を掘り下げていったこと。

名前の通りレゴで真剣に遊んできました。

大の大人がレゴブロックで遊んできましたよ。息子たちがレゴでよく遊ぶので見慣れているのですが・・・・。

大人の遊び方は右脳も左脳も全開です。レゴで形を作って、制作物を自分に見立ててプレゼンしたり感想を述べ合ったり、自分の価値観や仕事についてレゴで形作りプレゼン・・・他人の作品をあたかも自分のもののように説明したり・・・。これを5分前後で交互に繰り返す。

レゴというおもちゃだけど、真剣に取り組むと内観が進みます。自分の立ち位置や大事にしていることが見えてきます。

女性らしい創業スタイル

女性は家庭内の仕事を担う割合が多かったり子供の日常の世話をしなければならなかったり、男性とは違う制約があったりしますよね。仕事だけというわけにはいかない人が多数ではないでしょうか。そういうシチュエーションでの創業は男性とはまたちょっと異なってくるはず。

そういう時にこういう客観的に自分を見る機会があると女性としての自分のスタイルが見えてきていいと思いました。

私も自分のスタイル、方向性の糸口がつかめましたよ。

次回の講座はさらに詳細に自分を掘り下げていく予定です。また、次回の講座が終わったらご報告したいと思います。

 

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. 齋藤実穂 より:

    こんにちは。^_^
    今日はおつかれさまでした。
    早速サイトに来てみたよ。

    素敵なページに素敵な記事。
    今日の講座の出会った
    共感から信頼が生まれるを感じたよ。

    これからも自分らしく
    突き進んでね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です