CMYK値の小話で印刷物の色表現に役立てるーカラもくさん編

 

今日は、CMYK値の話。
ウエブやテレビモニターに使われる「光の三原色」と呼ばれるRGBとは違い、印刷物にはCMYKという値が使われます。

そもそもCMYKって何?
RGBとの違いは?
なぜ印刷物にはCMYK?
なんで4色なの?

などなど密かに思っていらっしゃる方もちらほらいらっしゃるのでは??

CMYKの基本的なところの疑問に簡単に理解できるように説明していこうと思います。

CMYKはどんな色?

RGB原色は、「光の三原色」。前回の話よりわかるように「3」色から構成される様々な色です。一方CMYKは、「色の三原色」であるシアン、マゼンダ、イエローに「黒」を足してあえて「4」色に。このプラス1が、多彩な印刷再現を実現します。
C=Cyan(シアン)
M=Magenda(マゼンダ)
Y=Yellow(イエロー)
K=Key plate(墨)
というふうにそれぞれの色の頭文字をとってCMYK
前述したように、CMYK値は、印刷の色を指定するのに使う数値です。
印刷の三原色CMYのインキを使って、多彩な色を使うのが基本。

CMYKの色をの特徴って何?

CMYK値は各色、0%から100%までの値で表現します。CMYをほぼ等量にすると無彩色のグレーもしくは黒色になります。
これは、色を全部混ぜると真っ白になるRGBとは反対ですね。
CMYのそれぞれの値を変えていくと、所望の色相の色を表現できます。
ただ、CMYだけでは表現できない色もあって、これを補うためにプラス1となるKがあります。

CMYとKの補い合いでさらに色が広がる

Kは、くっきりした黒の文字・線画を表現するのに、優れています。また、使用するインキ量を減らすこともできます。この効果を利用したものが、文字やバーコードです。もし文字をCMYで再現したら、文字輪郭の縁が微妙にYが滲み出て、ぼやけて見えます。すると、人の目には文字が読みにくくなります。その点、Kのみだと他のCMYが滲み出ることがないので、スッキリとした印象の文字を再現できます。

QRコードは4色黒より1色黒で!:印刷物に黒いQRコードなどを入れるときはこういった理由からもCMYKの4色で構成する黒ではなくはなく黒一色のみのデータを用意した方がいいということ。印刷ズレによる染み出しでQRコードの読み取りが難しくなることもあるようです。デザもくは目から鱗の情報でした。黒でQRコードを作るときは次回から取り入れます。

これらの特徴以外にも、Kの黒色を着色する成分である染料や顔料は、様々な光源や照明の下で色が転びにくい性質があります。このことを逆に言うと、CMYの組み合わせで作った黒は照明を変えると微妙な色味がついてしまいます。このように、CMYだけでは補えない黒があるので、CMYの他にKがあるのです。
それでは、「CMYの黒とKのみの黒は必要だけど、CMYKの黒は必要ないんじゃない?」と思われるかもしれません。でも、実際には必要です。特に、黒の濃さを求めるときはKのみでは不足しているので、Kに濃さを増すためのCMYを足す場合が多いです。

入稿するときRGBをわざわざCMYKに変換するのはなぜ?

入稿時のチェックリストでよくある「CMYKに変換しましたか?」
これを忘れたからといって、あまり致命的なものでもないようです。印刷会社の方で変換してくれるときもあるようですよ。
ですが、RGBをCMYKに変換すると彩度が下がりくすんでしまう傾向があります。入稿したものとはちょっと違って残念な結果ということにもなりかねません。
手元でCMYKに変換して確認した上で入稿できるのがベストかもしれませんね。
最近は、RGBのデータをそのまま印刷できて、鮮やかさも保った印刷物ができる会社もあるようですよ。

カラもくプロフィール
自称「色彩カフェのマスター」
色の「いろは」から「色のサイエンス」まで幅広い知識があります。
まじめに、時には面白く色に関する悩みを解決します!
時々このサイトの管理人の「デザもく」ことオクムラ アイのフィーチャリングでブログに登場します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です